2017.03.15

定型業務からの解放 – RPA (ロボティックプロセスオートメーション)

img_170313_post_main

Cognitive、AIと並び話題のロボティック・プロセス・オートメーション(以下、RPA)。ビジネス・プロセス・アウトソーシング(以下、BPO)の現場では、すでにボリューム・ゾーンの定型業務にRPAを導入することでオペレーターの工数削減、すなわちコスト削減を実現しています。今やその流れはBPOの現場にとどまらず、多くの日本企業でもさまざまな業務においてRPAの検討、導入が進んでいます。

人からロボットに置き換えられる業務とは?自動化の技術はどこまで進化しているのか?RPAを有効に活用する方法は?今後の動向は? これらについて考察します。

ビジネス・プロセス・サービス経理財務変革コンサルティング・リーダー
田村 直也コグニティブ・ビジネス・プロセス・サービス 経理財務変革コンサルティング・リーダー

経理財務領域において、IBMやグローバル先進企業をベンチマークとしたグローバル変革構想策定、会計システム構想策定、業務・組織変革、決算期統一・決算早期化、内部統制整備、IFRS対応、SSC(シェアード・サービス・センター)/BPOを活用した業務集約、Analytics, Cognitiveを活用した経営の高度化などのコンサルティングに従事。近年は経理財務部門だけでなく、間接部門全体を対象としたバックオフィス改革プロジェクトに従事。また、RPAもリーダーとして推進。

RDAとRPAの違いとは?

オペレーション自動化は、エクセルのマクロやワークフロー等、単一のアプリケーションにおける自動化ツールとして既に浸透しています。現在話題のRPAは、複数のアプリケーションをまたぐ業務オペレーションの自動化になります。

オペレーション自動化の動向

ロボティック・オートメーションは一般的に総称してRPAとされていますが、厳密には各ユーザーのデスクトップにインストールし、各自がロボットの操作を行うRDA(ロボティック・デスクトップ・オートメーション)と、サーバーにインストールし、コマンド・センターのような中央からの命令でロボットを集中管理するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)に大別されます。

前者は中小規模な業務ボリュームにおける自動化や、判断のために人がプロセスの途中に介在する必要がある業務に、また、後者は各支店や支社で同じ業務処理を行っているような大規模な業務ボリュームにおける自動化や、処理のEnd to Endで人が介在する必要のない業務に向いています。ですので、自社のロボティック・オートメーション対象業務に応じて導入するツールを使い分けることも有効な手段になります。

RDAとRPAの比較

RPA導入による3つのメリット

さて、ではこのRPAは、どのような業務に適用可能なのでしょうか?

典型的な3つのケースが以下になります。

  1. システムのある項目からデータをコピーし、別システムの指定の項目にデータをセットする
  2. システムのある項目と別システムの指定の項目のデータ整合性をチェックする(例:請求データと発注データの整合性チェック)
  3. システムからデータをダウンロードし、エクセル・マクロ等との連携でデータを加工して定型帳票を作成する(例:日次や週次等、定期的に作成する定型レポートの作成)

1.の派生として、紙の帳票をOCRで読み取りデータとして認識し、システムの指定の項目にデータをセットする、という使い方もありますし、この需要は非常に高いです。IBMでもサントリー様のBPOで、OCRと組み合わせたRDAを適用し約20%の工数削減を実現しています。

RPA導入のメリットは、大きく3つあります。

  1. 生産性と効率性の向上によるコスト削減
  2. 処理における人為的ミスを完全になくす、あるいは激減することによる正確性の向上
  3. 人の介在を完全になくす、あるいは激減することによるコンプライアンス、セキュリティーの向上

今後、更なるRPAの活用としては、CognitiveやAIとの連携があります。既にIBMの海外事例では、毎日膨大な数の顧客から届くメールをIBM Watsonを活用して内容分析し、苦情、問い合わせ、諸届けの変更等に分類した後、RPAを活用してその問い合わせを適切な担当者へ連携する、といった使い方をしています。

また、実用化レベルに達していない手書き文字認識技術の進化にもCognitive、AIは活用できるでしょうし、Voice to Textとの連携もあります。

前者によるRPA活用範囲の拡大、後者によるボリューム・ゾーンの定型業務の自動化は、ますます人から機械的な定型業務を開放し、より自社に貢献する付加価値業務へシフトさせることができるでしょう。